Institutional Seminar by Dr. Tomoda/友田紀一郎博士による医学研セミナー

March 24, 2017

 We hosted an institutional seminar by Dr. Kiichiro Tomoda who is a lecturer at Osaka Medical College. He was a postdoc in the Yamanaka Lab at Gladstone Institute where we got to know each other. He studied the very basic mechanisms that govern pluripotency in human iPS cells there, and he still does in Osaka. Today, he presented a part of his work done at Gladstone Institutes, and also a new project he started in Osaka. I was amazed to see how quickly he advances his new project on disease modeling by iPS cells. He has already collected really interesting data.
 We also had some guests who are also UCSF/Gladstone alumni. It was nice to see my friends doing well. We had a little reunion here.

 大阪医科大学講師の友田紀一郎博士による医学研セミナーを開催しました。友田博士はGladstone研究所の山中研究室のポスドクをされており、私はそこで知り合いました。山中研では、iPS細胞の分化多能性を司る非常に基本的な機構の研究をされており、現在も継続されています。今日は、山中研究室での研究の一部と、大阪に帰られてからの新たなプロジェクトについて発表してくださいました。新たなプロジェクトである、iPS細胞による疾患モデルでは、非常に迅速に研究を進められており、感銘を受けました。既にとても興味深いデータを得られています。
 セミナーには、私たちと同じくUCSF/Gladstone同窓生の研究者の方々をお招きすることができました。みなさんお元気そうで何よりです。ちょっとした同窓会を開催することができました。

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Follow Us
Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square