ラジオNIKKEIにて医学講座収録 / Radio Recording at Radio NIKKEI

November 12, 2018

 ラジオNIKKEIにて、12月18日(火)20時40分~21時00分に放送される『医学講座(日本医師会企画)』の、「新たな時代に突入したiPS細胞研究」という回の一人喋りの収録に行ってきました(放送後にオンデマンド、ポッドキャスト配信もあるそうです)。依頼を受けたときは、「医者ではない私が?」とも思いましたが、せっかくなのでお受けしました。自分なりにできるだけ調べたつもりですが、間違っているところもあるかもしれません。その場合は、大変申し訳ありません。と先に謝っておきます。

 原稿を朗読するだけ、と思ったのですが、いざやってみると想像以上に難しかったです。あんなに長い文章を一人で声を出して読む、ということもなかなかないですし。最後の方は、声が枯れそうになってしまいました。

 私自身、おぎやはぎのメガネびいき、オードリーのオールナイトニッポン、髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(一度メールを読んでもらったこともあります)を聞いているので、想像しかしたことのなかったラジオのスタジオに入れて感動しました。多分、ラジオNIKKEIと、TBSラジオ、ニッポン放送、文化放送でスタジオの作りは多少違うのでしょうが、大まかには同じではないかと予想します。おぎやはぎのメガネびいきの中で、言い間違いをリスナーが指摘するコーナーがあるのですが、自分がやってみると全てを完璧に喋るのは無理でした。

 いろいろなことが体験できて、研究者はいい職業だなー、と思います。が、もちろん日々の研究にも精進します。

 

 

 I visited Radio NIKKEI in Toranomon to record a radio program "Igaku Koza (Medical Seminar Series)", which will be on air from 8:40pm-9:00pm JST on December 18th. I will talk about new frontiers of iPS cell research. The program will be also available via podcast as well as on-demand streaming later. When I first saw the invitation to the program, I was a bit surprised because I am not a medical doctor. However, I accepted this, as this is a rare chance to be on radio. I tried my best to be precise, but I apologize in advance in case the information is not correct.

 Just reading a manuscript sounds easy, but it was absolutely not. I rarely read aloud such a long text in daily life. My voice was almost gone toward the end.

 I listen to several radio programs by myself, so it was exciting to be in a real studio. As you can see, being a scientist is nice, because sometimes we can experience something you would never be able to otherwise.

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Follow Us
Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square