2018 Year-End Review / 2018年総括

December 31, 2018

Good things in 2018:

Our first paper was published in Nucleic Acids Research.

Several collaborative projects have been launched. They are going well so far.

Now we can perform deep sequencing to analyze the genome editing outcomes (thanks to the Yachie Lab at U Tokyo).

A few undergraduate students have joined and will join the lab.

 

Things that need improvements in 2019:

Spare my time for science more. I have to be more efficient.

Keep applying for bigger grants. Now I understand that it is extremely difficult to get grants that cover salaries of technicians and postdocs.

Manage research projects more effectively to achieve bigger goals.

 

Publication of a paper is absolutely the biggest achievement in the lab so far. I am happy with it.

I am physically and mentally healthy again this year, which was good.

I hope 2019 is going to be a great year too.

 

2018年の良かった点:
研究室初の論文をNucleic Acids Researchに発表

いくつかの共同研究が始まり、今のところ順調に進んでいる

ゲノム編集結果の次世代シークエンスによる解析ができるようになった(東大谷内江研のおかげ) 

学部学生が加わってくれた/これから加わってくれる

 

2019年に改善が必要な点:

もっと研究に時間を割く。そのためにより効率的に仕事をする。

より大型の研究費に申請し続ける。技官やポスドクの給料を出せるだけの研究費を獲得することが、いかに難しいか、よくわかりました。

研究プロジェクトが大きな成果を出せるように考え、効果的な指揮をとる。簡単にできることで小さくまとめようとしてしまいがちなので、改める。

 

論文発表は、今のところ間違いなく研究室最大の成果だと思います。よかったです。

今年も、肉体的にも精神的にも健康だったのは何よりでした。

2019年もまた良い年になりますように。

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Follow Us
Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square