2019 Year-End Review / 2019年総括

2019年の良かった点:

卒研生が実験できるようになった

マウス実験のための環境を整えた

ウイルス実験のための環境を整えた

ゲノム編集改善のためのスクリーニング系の構築が進んだ

2020年に改善が必要な点:

論文発表

研究費獲得

ラボの人数が増えてきているので、各自の進捗と課題を把握し、より適切なアドバイスをする

研究成果を論文として発表できなかったのは反省点ですが、高く跳ぶには一度低くかがむ必要があると考えたいです。

今年はバスケットボールで左肘を骨折し手術しましたが、それ以外は特に大きなケガや病気はなかったと思います。精神的にも正常でした。

2020年は東京でオリンピックがあり、チケットがいくつか当たりましたので、見に行くのを楽しみにしています。

ラボメンバーに子供が生まれるという、おめでたいイベントもあります。

2020年もまた、私にとっても皆さんにとっても良い年になりますように。

Good things in 2019:

Undergraduate students are now able to conduct their own experiments.

Finished setting up the environment for mice experiments.

Finished setting up the environment for viral experiments.

Great progress in construction of screening systems for improving genome editing.

Things that need improvements in 2020:

Paper!

Research grant!

Be more efficient at giving appropriate advises, as we have more people in the lab.

It was not great that we have not published a paper this year, but you have to crouch to jump high.

This year, I broke my left elbow bone and had surgery to fix it, but I have been healthy otherwise. I have been mentally healthy too.

We are going to have the Olympic games in Tokyo in 2020. I have got a few tickets for them, so I look forward to seeing the games.

One of our lab people is going to have a child in 2020, which is great.

I hope 2020 is going to be a great year for everyone.

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square