NPC4.jpg

ヒトiPS細胞のゲノム編集による疾患発症機序の解明と治療法の開発

ヒトiPS細胞はあらゆる細胞種での疾患研究を可能にし、新たな細胞移植治療への道も切り拓きました。私たちはゲノム編集技術を用い、こうしたiPS細胞の可能性をさらに広げていきます。iPS細胞とゲノム編集を組み合わせることで、遺伝的背景が同一の細胞を用いた疾患モデルや、疾患の原因となる変異を修正した細胞を用いた移植治療の開発・改良を目指します。

心筋細胞と肝細胞を主な標的として研究を進めていきます。→より詳しく

News

2021. 4. 1. 齋藤さんと前田さんが卒研生になりました

2021. 2. 27. 宮岡がDr. Md. Shamsuzzoha BayzidとDr. Clara Liと共にInterstellar Initiative (AMED, NYAS) Outstanding Presentation Awardを受賞

2021. 2. 26. 第3章 2節 ゲノム中のオフターゲット領域の予測と変異検出による対応策の執筆を宮岡が、第3章 4節ゲノム編集で起きるモザイク現象とその対策を加藤が、それぞれ担当したゲノム編集技術を応用した製品開発とその実用化(技術情報協会出版)が出版

2021. 1. 12. 前田さんがインターンとして加わりました

2020. 12. 9. 八子さんがインターンとして加わりました

2020. 10. 30. Social Distanceを保って集合写真を撮りました

2020. 10. 26. 技官を募集します

2020. 10. 14. トコトンやさしいゲノム編集の本がニュースイッチで紹介されました ノーベル化学賞おめでとうございます

2020. 10. 1. 齋藤さんが卒研生(仮配属)になりました

2020. 9. 15. 宮岡があいみっくの「この人・この研究」に掲載

2020. 9. 14. Dianaさんがインターンとして加わりました 

2020. 8. 2. 八幡山小学校 夏スぺ!講座「めざせ!PCR マスター」(オンラインセミナー)を開催しました

2020. 6. 9. 都政新報でオンラインサイエンスカフェが紹介されました

2020. 5. 31. オンラインサイエンスカフェ「PCRとはなにか」を開催しました

2020. 5. 17. 連携大学院説明会は中止になりましたが、ご興味ある方はご連絡ください。卒研生もOK。

2020. 4. 1. 小野さんが卒研生として加わりました

Archive

Upcoming

2021. 5. 9. 13:00~ 医学研連携大学院説明会(Zoom開催)

2021. 9. 2&3. 日本大学大学院での集中講義

2021. 9. 14. 公益財団法人 日本生産性本部  経営ビジョン構想懇話会 (講演)

2021. 10. 16. 川越高校同窓会「くすのき未来塾」『めざせPCRマスター:PCR検査って何をしてるの?』(小学生対象セミナー)

Archive