top of page

ヒトiPS細胞のゲノム編集による疾患発症機序の解明と治療法の開発

ヒトiPS細胞はあらゆる細胞種での疾患研究を可能にし、新たな細胞移植治療への道も切り拓きました。私たちはゲノム編集技術を用い、こうしたiPS細胞の可能性をさらに広げていきます。iPS細胞とゲノム編集を組み合わせることで、遺伝的背景が同一の細胞を用いた疾患モデルや、疾患の原因となる変異を修正した細胞を用いた移植治療の開発・改良を目指します。

心筋細胞と肝細胞を主な標的として研究を進めていきます。→より詳しく

News

2024. 1. 24. 研究員を募集します

2023. 12. 27. 祝!篠﨑さんがベル財団奨学生に採択

2023. 12. 15. 合写真を撮りました! 

2023. 10. 27. 畠山さんと森田さんがインターンとして加入

2023. 9. 27. 祝!中島さんが学振特別研究員(DC2)に内定

2023. 9. 20. 古俣さんがインターンとして加わりまた!

2023. 8. 31. 高橋研究員と宮岡がゲノム編集技術についての書籍(技術情報協会)に寄稿

2023. 8. 7. 佐藤さんがインターンとして加わりました!

2023. 8. 4. ラボ旅行@秋川渓谷

2023. 7. 10. GraceがSummer Internとして加わりました!

2023. 7. 3. HistoneとCas9の融合によるゲノム編集に与える影響を解析した結果をbioRxivで公開

2023. 7. 3. Cell Transplantation誌掲載の論文をEurekAlert!で紹介

2023. 6. 28. 究室の様子を動画にしました!

2023. 6. 16. 祝!中島さんが卓越大学院生として採択

2023. 6. 16. On-chip SPiSを用いた大規模培養細胞クローン単離手法をSTAR Protocolsで発表

2023. 6. 15. ddPCR World 2023 (6/9)の講演が公開されました(宮岡の発表はPlenary Sessionの3番目) 

2023. 5. 15. マウス生体内で、ゲノム編集iPS細胞からファブリー病治療分子mNAGAを提供する試みをCell Transplantation誌で発表

東京都医学総合研究所からのプレスリリース

2023. 3. 25. さんが日本学 学長賞受

2023. 2. 27&28. ボスキー旅行@斑尾高原

2023. 2. 21. 研究室紹介動画ができました!

2023. 1. 23. ノム編集技術についての書籍(情報機構社)に寄稿

2023. 1. 9. 齋藤さんの「大学院生の声」インタビュー公開 

2023. 1. 3. マウス生体内において、ゲノム編集iPS細胞からファブリー病治療分子を提供する試みの解析結果をbioRxivで公開 

2022. 12. 2. 細胞1つ1つの中で誘導されるゲノム編集の種類、組み合わせ、頻度を解析した結果をiScience誌で発表

東京都医学総合研究所からのプレスリリース

2022. 11. 25. ラボ高尾登山

Archive

Upcoming

2024. 3. 21-23. 日本再生医療学会@新潟コンベンションセンター

2024. 6. 2-4. 8th International Update on Fabry Disease@ハンブルグ(講演)

2024. 7. 24-27. NEURO2024

2024. 11. 27-29. 日本分子生物学会@福岡国際会議場

2024. 12. 5. 東京都立青梅看護専門学校 講義

Archive

bottom of page