文部科学大臣表彰 若手科学者賞 / the MEXT Young Scientists’ Prize

文部科学大臣表彰 若手科学者賞をいただきに、文部科学省に行ってきました。多分、生まれて初めて文部科学省(というか何かしらの省庁)に行きました。また、大臣という肩書きを持つ方に、遠くからとはいえ初めて生でお目にかかりました。ありがとうございました。 今まで私の友人、知人で受賞されている方々を多く存じ上げており、みなさんとても優秀です。自分も受賞できて幸運でした。運だけは割とある方な気がします。当日も同じく受賞された数名の知り合いと会ってお話しすることができました。私の出身の現定量研/旧分生研関係者が、私を含めて少なくとも5人いたと思いますので、良くも悪くも活性の高い研究組織だったような気がします(現定量研は良い意味でのみ活性が高いはず)。  仕組みが今ひとつ分かっていないのですが、何かしらの組織が推薦して、そこから選ばれる賞のはずです。私の推薦組織は東京都ですので、都民のみなさんと小池都知事に感謝いたします。自分の書類の推薦者欄に都知事の名前を見たときには仰天しました。その書類の準備もなかなかに大変でして、受賞につながって報われました。ときどき困るので、ここにもメモとして書き残しておくと、大学院を修了したのは3月23日でした。普段は「3月」までしか書かないで済むのですが、たまに日まで聞かれます。 基本的には留学先の研究内容で受賞したので、ポスドク時代の恩師であるDr. Bruce ConklinとConklin Labの同僚、そして帰国してからの研究の継続を支えてくださっている医学研と研究室のみなさんに感謝いたします。帰国してから医学研で始めた研究も、評価される良いものになるよ

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square