ISSCR 2019 in Los Angels

I attended the ISSCR 2019 meeting in LA. The first thing I realized was iPS cell therapy is no longer a dream. It has become realistic. There are multiple academic groups and companies trying to put iPS cell-derived cells and tissues into patients' bodies to cure disease. Even genome-edited iPS cells seem to be a viable option. A lot has changed in these 4 or 5 years. It is encouraging to me. The most impressive technological advancement for me was single cell RNAseq. The sequence quality and the number of analyzed cells at once have been improved so much since I first saw this kind of data a few years ago. Various organs and organoids have been thoroughly analyzed by single cell RNAseq to s

Visiting the Conklin Lab at Gladstone Institutes in San Francisco / サンフランシスコのGladstone研究所、Conklin研究室

I visited the Conklin lab at Gladstone Institutes in San Francisco, where I did my postdoc, before attending the ISSCR 2019 meeting in Los Angels. First of all, I was shocked to see the 3rd street and beyond. Constructions all around! Numerous constructions were ongoing when I was there, but it is even crazier now. I knew this craziness was coming, but still it is shocking to actually see it. It was an unfortunate way to end the season for Golden State Warriors, but I am looking forward to seeing them play in the new arena. I also have to add that I broke my left elbow bone while I was playing basketball, and had a surgery to fix the position of the broken bone. I had my surgery almost at th

小学生チャレンジスクール めざせDNAマスター / Elementary School Kids, Special Class "Aim to Be a DNA Master"

地元の小学生向けに、DNAについて学び、DNAの長さをアガロースゲル電気泳動で調べる実験をしてもらう企画を開催しました。前半の講義では、DNAがA, T, G, Cの4種類のヌクレオチドでできていること、A, T, G, Cの並び方が遺伝情報として機能していることを説明しました。大きめの分子模型も使って、有名なDNAの二重らせん構造の特徴も見てもらいました。 DNAのヌクレオチドの並び方が、人それぞれ少しずつ違うこと、その違いによって身体的特徴や個性が生まれること、場合によっては遺伝病になってしまうことも学びました。また、人それぞれヌクレオチドの並び方が違う部分を調べれば、よく耳にする「DNA鑑定」も行うことができます。今回の実験は、DNAの中で人によって長さが異なる部分の長さをアガロースゲル電気泳動で調べ、個人を特定するという、DNA鑑定の練習を子供達にしてもらいました。 ピペットマンとチップを使い、アガロースゲルの穴の中にサンプルを入れる作業を、みんな慎重な操作で成功させていました。基本は「左手はそえるだけ…」(左利きの人は、「右手はそえるだけ…」)です。バスケットボールのシュートと同じですね。ちなみに私は、字を書くなどの細かい作業は左利き、運動は右利きなので、ピペットマンは左、バスケットボールのシュートは右です。どうでもいいですが。 みんな楽しそうで何よりでした。子供達が楽しそうに実験しているのを見ると、毎回新鮮な気持ちにしてもらえます。未来の科学者を育てるためにも、子供達がこうして科学に触れられる機会をできるだけ提供していきたいと思っています。現在の科学者である私自身の

Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square