Language Barrier / 言葉の壁

September 23, 2017

 One thing that surprised me during the ddPCR meeting in Korea was that a speaker gave his talk in Korean. It could have been the first time for me to attend a seminar in neither English nor Japanese. When I was an undergraduate student, my English was not good enough to fully follow English seminars. However, I was still able to understand some words and follow the stories at least in partially. It was a very new experience for me to have someone give a talk on science in an in-comprehensive language. Since I did my postdoc in the US, I had never had an experience like this, but I guess those who came to study in countries where English is not the first language would have experienced similar situations. "Alienation" is the best word to describe my feeling at that time. The presenter did not intend to do so at all though.

 

 It gave me to re-think about Japanese situation. For example, if you look at the Japanese website and the English website of our institute, it is obvious that the Japanese one has way more information than the English one. We are supported by the Tokyo Metropolitan government as an institution, and by the Japanese government and other agencies for research grants, so it is our responsibility to show what we are doing as a scientific institute to the supporters and taxpayers. On that regard, it makes sense that the Japanese website has more information. However, scientific communication is done in English as a common language. I am afraid that having less information in English than in Japanese might give an impression that we care things only internally in Japan and are not interested in showing our existence and our science to people outside Japan (it is somewhat true, isn't it?). I am afraid that we are giving the same feeling of alienation that I felt in the meeting. For example, even in Japan, when you look at the Japanese website and the English website of RIKEN CDB, they seem to have the same information. We can see to whom they intend to show their websites and where their standards are. Since I also manage this lab website, I really understand how hard it is to prepare the same information in both Japanese and English. However, I do not think it is a good idea to leave things as they are now, only because it is hard to fix it. Moreover, I think Japanese people should be able to understand English more. How much the recipients of information understand determines the choice of language. Preparation of both Japanese and English takes much work and long time. Ultimately, if all Japanese people understand English, we do not have to worry about Japanese. Despite the fact that scientists use English as a common language and everyone on this planet can easily access any information via the Internet now, too many websites of Japanese universities and research institutions are still in Japanese only, especially ones of individual laboratories. By looking at how much information is presented in English in a website of a Japanese laboratory, it seems almost possible to judge where they are aiming at.

 We have a huge disadvantage compared to native English speakers for sure. However, it does not help to blame it at all. Even if we had to reset our common language and choose a language as a new one based only on linguistic characteristics, I still think Japanese would have no chance to be selected. It is coo complicated. Therefore, I have no complaint on the fact that Japanese is not the scientific common language. It could not have had to be English, but it would not matter for us anyway. Our Japanese forerunners were so great to establish the scientific basis that we have today in Japan even in such a linguistically isolated circumstance (or simply they were better at English?). I still think we have to improve the situation.

 

 In my case, of course I knew English would be critical for my career, and practiced English while I was in Japan, but obviously my English has got much better during my stay in the US. I try to have both my Japanese and English websites to have the same information as possible. I try to write this blog both in Japanese and English despite my imperfect English (I cannot even tell how poor or good my English is by myself). This is because I want to keep my English that I learned during my postdoc, and also to send messages to people all over the world. This is a part of my training of writing English as well.

 Above all, I made a lot of friends during my postdoc. Some of them are scientists and some of them are not. If I came back to Japan and made my website only in Japanese, I would have given that alienation feeling to my friends. This is the biggest reason why I use English. Whether I really intend to give that feeling or not does not matter. I use English in my SNSs for the same reason. I felt tweeting only in Japanese even when studying abroad was like always looking back and talking only to Japan. This is just my personal impression though, of course. This is a matter of mind set and preparation on my side, rather than whether my friends actually look at my websites or SNSs.

 Thus, although I do not know how long I can continue this, I would like to keep using English as long as possible.

 

 

 先日のddPCR symposiumで1つ驚いたのが、発表者の1人が韓国語で発表したことでした。よくよく考えると、研究の話を日本語と英語以外で聞いたのは初めてだったかもしれません。学部生で英語力不足だった頃は、英語での発表を完全には理解できなかったと思いますが、それでも一定の単語は理解できたし、部分的には話を追えていたはずです。全く理解できない言語で研究の話をされるのは新鮮でした(新鮮なだけで全く理解できないのですが)。私はアメリカというど真ん中の英語圏に留学したので、こういう経験はありませんでしたが、非英語圏に留学された方は、類似した経験をされているのだろうと想像します。その状況で味わう感情は、「疎外感」という言葉が完璧に当てはまりました。発表者の方にその意志は全くないのですが。

 

 この件は翻って日本の状況についてもう一度よく考えてみる機会となりました。例えば、医学研の日本語サイト英語サイトを比較すると、日本語サイトの方がはるかに情報量が多いことは明白です。私達は組織として主に東京都、研究費としては日本、その他の団体の支援を受けていますから、支援者・納税者の方々にどのような研究活動をしているかを公開する義務があります。日本語サイトが充実していることは当然と言えるかもしれません。しかし、研究は全世界で英語を共通語として進められているものです。英語の情報が充実していないことは、日本国外から見たときに内向きである、研究所の存在やそこで行われている研究を日本国外に広める気がない、という印象を持たれるのではないかと思っています。私が感じた疎外感を国外の研究者に与えるのではないかと。例えば、理研CDBの日本語サイト英語サイトは同じ情報量に見えます。誰に向けて発信しているのか、彼らの基準がどこにあるのかを伺うことができます。と言いながら、日本語と英語の両方を準備することの大変さは、私自身もラボウェブサイトを作製しているのでよくわかります。ただ、いつまでも「大変だから」と言って放っておいていいのか、という危機感があります。また、もうちょっと日本人が全体として英語を読めてもいいんじゃないのか、という気もしています。情報を受け取る側がどのくらい理解してくれるかが、発信する側の言語を決めます。日本語と英語の両方を二重に準備するのに大変な手間と時間がかかるので、究極の話をすれば、英語だけを準備して、それで日本人が全員理解してくれれば話は済むわけです。英語を共通語とする科学を生業とし、全世界の人達がインターネットを通じて簡単に情報を得られる今でも、日本の大学や研究所の、特に研究室単位のウェブサイトが日本語でしかない場合があまりに多いように思います。研究室の英語のウェブサイトの充実具合で、その研究室がどこを目指しているのか、大まかな指標になるような気がします。
 英語を母国語とする人達に比べて私達は圧倒的なハンデを背負っているわけですが、それを嘆いてもどうなるものでもありません。ただ、もし世界共通語をリセットし、純粋に言語の特性だけに着目してもう一度どの言語にするか選び直すことになったとしても、残念ながら日本語が選ばれるとは思えません。複雑すぎると思います。だから少なくとも、私は共通語が「日本語でない」ということに文句はありません。英語でなくてもよかったのかもしれませんが。これだけ言語的に隔離され(し)ながら現在の日本の科学の礎を築いてきた先人達は偉大だと思います(あるいは昔の科学者の方が英語がうまかったのでしょうか)。が、だからと言ってこの先もこのままでいいとは思えないです。
 

 私の場合、英語が大事ということはもちろんわかっていて、日本にいる間にも練習したつもりでしたが、やはり留学期間中に上達しました。折角学んだ英語をできるだけ失わないためにも、上記のように世界中の人に発信するためにも、研究室のウェブサイトは日本語と英語で情報量に差が出ないように心がけています。拙い英語ではあると思うのですが(拙いかそうでないかも私の英語力では判別できません)、ブログも日英両方でできるだけ書こうと思っています。完全に徹底はできていませんが。英語を書く練習でもあります。

 そして何より、私は留学期間中に沢山の友人ができました。研究者の人達ももちろん多いですし、研究者でない人達もいます。私が日本に戻ってきてウェブサイトを日本語でしか作らなかったら、折角できた友人達に疎外感を味合わせてしまうのではないか、という考えが英語を使う最大の理由です。疎外感を与えようと私自身が意図する、しないの問題ではないのです。同じ理由でSNSでも英語を使うように心がけています。私の場合、留学先で日本語だけでつぶやくのは、折角日本の外に出て行ったのに、ずっと後ろを向いたまま日本にだけ話しかけているような感覚がありました。あくまで個人的な価値観ですが。実際に友人達がウェブサイトを見てくれるか、SNSを見てくれるか、ということより、私側の心構えと準備の話です。
 というわけで、いつまで続けられるかわかりませんが、できるだけ英語でも発信し続けたいと思ったのでした。

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Follow Us
Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square